FC2ブログ
 
プロフィール
 

夢みるナンバー1

Author:夢みるナンバー1
愛車ハチロクでサーキットを走っているおばさんです。
近頃世の中のことがとても気になってしょうがありません。
霊感はないけど動物的カンはあるほうだと思います。

宜しくお願いします。

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

鍵と鍵穴

 
2010/06/10(Thu) Category : 未分類
日本のメディアやマスコミが政治一色になっている現在、世界ではでっかい穴が開いたり

洪水が起きたり、海が死んでいったり、火山がふつふついったりしているようですね・・・

くわばら、くわばら・・・

私は近頃きっかり2時に目が覚めるようになってしまい、そろそろビールの量を減らそうかと真剣に思っているこのごろです。

さて、先週も懲りもせず旦那と山に蕗をとりにいって

ついでに、もちろんついでですよ。

また押戸石にいってきました。

CA3G0188.jpg

近くのこんなきれいな川があるところでお弁当食べて

CA3G0192.jpg

押戸石の不思議に並んだ岩です。
ほとんど真っ直ぐに草原の中に置いてあります。

シュメール文字を一生懸命見つけました。
CA3G0196.jpg


そうこうしているうちに・・・旦那は岩の上に寝てました。

私は岩の間に挟まってみたりしながら遊んでいたら

とても天気良かったのに、にわかに雷が鳴り出し私達馬鹿夫婦はまるで神の怒りを買ったようでしたので

すまん、すまん、といいつつお詫びにお酒とお塩を差し上げて、スキップしながら丘を下りていきました。

オバカなことをしに行っただけでなんも感じることもできんでした・・・


さて、私は夢を見てもなかなか覚えていることができないのですが

昨日の夢はなんとなく覚えてます。

女性が一人でてきました。見覚えのない人です。

私は丸い金属でできた鍵穴のようなものと中に入る鍵のようなものをもっています。

で、女性にいわれるままにするとその鍵穴と鍵がぴったり合います。

鍵穴はきれいな金属なのですが鍵はぼろぼろに腐食していてあわせるのに難儀していたのです。


というようなお話でした。

絶対明日になったら忘れているので書いておこうと思いました。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

意味深な夢だべね。

何だろう。何だろう。何だろう。
楽しみだね。楽しみだね。楽しみ~~~!(淀川 長治さんみたいになってしもうたです。すみません。)

 

Re: 意味深な夢だべね。

なつかしいね~淀川さ~ん♪
鍵なのかわからないけど直径5.6センチくらいの丸い金属製のもので
中に入れるのもはかなり錆や腐食がはげしかったんですよ。
なんなんでしょうね~
さて、今日もちゃんと夢を覚えているように頑張ろう

ってか、オペラハウスに行ってみたいんですけど・・・(^^;)

 

遅くなってすまんこってした。

幣立宮のお茶供養のこと、シドニーでやってる人に公開してもええでしょうかと確認を取ろうとしたのですが、その人の居場所が現在わからず、って、知ってる人は知ってるんだろうが、私には探せず、躊躇しておったのですが、他の人に聞いたら、お茶供養はその人の特許、というわけではなく、昔から幣立宮に伝わる供養だっつぅことで、ここに記させてもらうね。
メッセージにしようかとも思ったんだが、1000字超えるとめんどーなので、ここでちょっくらすまんです。
さて、幣立宮、お宮の近くに、お茶供養というのを伝えるご老人がおられるってことですた。
で、そのご老人についてその供養の仕方を学ぶと、行くべき場所に行けずに彷徨ってる霊を上に連れてってくれる神様を呼べるようになる、ってこってした。
で、その神様を呼べるようになった人は、まず、普通のワタスらに、名前を書かせます。んで、その名前を見て、神様とやり取りしながら、この名前の人にはどういった上に上がれぬ霊がくっついてる、ってことを言います。たとえば、ワタスの名前、おちんを見て、その人はおちんさんには祖父、そのまた祖父、そのまたまた祖父の3人が上にあがれずくっついてっから、上げてあげましょう、と言います。すると、ワタスは、朝、マグカップ3つを用意します。で、そこに日本茶をそのまま一つまみ、全部のカップに入れます。で、その上から熱湯を注ぎます。
で、丸1日放置だったかな?とにかく何もしない。で、その日の夜10時を過ぎてから、その冷え切ったお茶を外の地面に流す。で、それを3日間続けます。
で、3日目の夜、10時過ぎ、お茶を流したと同時に、神様を呼べるその人が、神様に連れてってやってください、と頼んで、神様はその上がれなかったおちんさんの祖父3人を連れてってくれるっつぅ話なんだよ。
ワタスは半信半疑だったんだが、当時、祖父だかが上がれずにいるってんでそのお茶供養をさせてもらった。ワタスの祖父というのは結構この世的肩書きの立派な人だったので、もしかしたら、この世に未練があったかも知れんと思った。で、3日目の夜、これが最後ならじぃさん、ちゃんとワタスに合図してちょんまげ、と頼んだら、10時過ぎ、お茶をお庭に流したあと、部屋に戻ったら、天井の隅で光が5,6回、フラッシュしたんだよ。で、ワタスは、じぃさんだ、と思った。お茶供養って、ほんとかどうかはわからんが、何か、霊的なものが動くのは間違いない、と思ったんだよ。
ワタスは、自分の見たものをまず、第一に信じることにしてるので、こういう目に見えないことは、絶対に人の噂とかで動かんことにしてるんだよ。でも、確かにお茶供養のあとの、あのフラッシュはじぃさんからの何らかの合図ではなかったろうか、と今でも思ってる。したがって、お茶供養ってのにも、何らかの畏敬の念はあるんだよ。
もしかしたら、幣立宮では有名な供養の仕方なのかも知れない。
で、お茶で霊の供養、っていうのは、やはりシュメールというか、メソポタミア近郊に残る清めの1つの作法のようだね。
そのあたりは詳しくないんだが、シュメールといったらワタスはニビルを思い浮かべるんで、実に幣立宮には興味津々。興味がたっぷりあふれでとります。何か面白いことめっけたら、教えてちょんまげね。では、また、ほんとに、遅くなってすまんこってした。おちん。

 

あのさ、それ、刀の鍔とちがう?

連投すまんこってす。
今、ナンバー1さんのコメント読んだ。
で、それ、ワタスがこないだ夢で見た刀の鍔に似てる感じがする。刀本体は錆びて腐食がすすんでんの。でも、夢の中の人は鍔に夢中なんだよ。鍔つくりの芸術家。お母さんに関する夢だよ。きっと。

 

Re: あのさ、それ、刀の鍔とちがう?

おちん姉さん、お茶供養、ありがとうございます!
早速近々幣立神宮行ってみます!何かわかったらすぐ連絡しますんで♪

それと・・・・・・

ずばり!!そうです、そうそう!!

私、鈍感だから分からなかった・・・

今でも覚えているその物体は刀の鍔だった~!!

あまりにも刃の部分が貧弱で腐食が激しかったのでそれとは思えなかった・・・
でも鍔の部分はピカピカだったんです。
すげ~おちん姉さん・・・・驚きです。
この夢を意味するものは・・・・
あ~もっと冴えた頭が欲しいですゥ~

 

意味はなんだろうねぇ

ワタスは、お母さんがいよいよ動く時が来た、と読む。
刀はいらん。鍔(本当のお母さんの才能)だけもって来な。ってな意味かなぁ、と……。
いずれにしても、いい予兆だろうね。
いいことあるよ~。おちん。

 

Re: 意味はなんだろうねぇ

おちん姉さん、いつもありがとうございます。
いい結果になるようにしていきたいと思っています(^^)
ものすごく手の器用な母ですので今からもそれを生かしていくのが母にとっても幸せなんだとおもいます。
できるだけフォローがんばります!!

 

    
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。